木造でも、ここまでできる「素顔のまま」が魅力的、フレキシブルな大空間

湘南隠れが不動産とは 湘南の隠れ家を見つけるまで お問い合わせ 売却・貸出のご案内 湘南とは 湘南の不動産|物件掲載のご案内
隠れ家collect

茅ヶ崎・M氏邸


逗子・H氏邸


箱根・Y氏セカンドハウス


藤沢・O氏邸


逗子・H氏邸


片瀬・J氏邸


葉山・A氏邸


片瀬・U氏邸


茅ヶ崎・S氏邸


鵠沼・M氏邸


鎌倉・T氏邸


横須賀・U氏邸


鵠沼・T氏邸


富岡・A氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・A氏邸


藤沢・O氏邸


辻堂・U氏邸


大船・A氏邸


葉山・Y氏邸


鵠沼・T氏邸


逗子・H氏邸


藤沢・S氏邸


横浜・E氏邸


葉山・モデルハウス

茅ヶ崎・I氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


辻堂・I氏邸


鎌倉・M氏邸


藤沢・T氏邸


鎌倉・Y氏邸


藤沢・H氏邸


藤沢・S氏邸


藤沢・F氏邸


藤沢・O氏邸


M氏邸


鎌倉・O氏邸


逗子・T氏邸


逗子・K氏邸


鎌倉・M氏邸


鎌倉・H氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


藤沢・M氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・K氏邸


逗子・I氏邸


鎌倉・K氏邸


藤沢・M氏邸
 

藤沢・S氏邸
 

茅ヶ崎・O氏邸
 

茅ヶ崎・S氏邸
 

藤沢・D氏邸
 

鎌倉・J氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

平塚・I氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

葉山・N氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

鎌倉・F氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・O氏邸
 

二宮・M氏邸
 

横浜F氏邸
 

藤沢S氏邸
 

葉山・T氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

T氏邸
 

小田原・O氏邸
 

当麻・A氏邸
 

葉山・T氏邸
 

横浜・E氏邸
 

鎌倉・I氏邸
 

逗子・I氏邸
 

鎌倉・G氏邸
 

葉山・I氏邸
 

藤沢・K氏邸
 

平塚・K氏邸
 

鎌倉・M氏邸
 

辻堂・I氏邸
 

綾瀬・N氏邸
 

葉山・Y氏邸
 

横浜・O氏邸
 

逗子・邸宅&モデルハウス
 

鵠沼・A氏邸
 

葉山・ハーモツリー葉桜
 

横浜・コンセプトルーム104
 

大磯・O氏邸
 

鎌倉・H氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

藤沢・I氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

逗子・K氏邸
 

横浜・F氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・K氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

横浜・M氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・T氏邸
 

茅ヶ崎・T氏邸
 

横浜・ゲストハウスフランス山
 

鎌倉・M氏邸
 

藤沢・N氏邸
 

茅ヶ崎・I氏邸
  

藤沢・K氏邸
 

逗子・T氏邸
 

茅ヶ崎・R氏邸
 

田奈・T氏邸
 

大磯・S氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

藤沢・K氏邸
 
  
トップページへ戻る
横浜・ゲストハウスフランス山
 
木造でも、ここまでできる「素顔のまま」が魅力的、フレキシブルな大空間
木造住宅の新しいチャレンジを
〈ゲストハウスフランス山〉と名づけられたその建物は、横浜の元町商店街から港の見える丘公園へ向かう坂の途中にあります。まるでカフェ兼ギャラリーといった趣きに、思わず足を止め、興味深げに中を覗き込む人が後を絶たないとか。クラシックな洋館が並ぶ山手エリアの中にあって、ひときわモダンな外観が不思議と街並みに調和しています。ここは、三峰のオフィス兼ショールーム。常に住宅の可能性を追究してきた同社が提案する、新しい木造住宅のカタチです。

「木造でもこんなことができるんだ、ということを知ってほしかったんです」とは、社長の繆(みよ)さん。「『住まいというのはこうじゃなきゃいけない』というルールなんてありません。このショールームで、これまでの木造住宅に対しての先入観を取り払い、自分らしいライフスタイルを見つけてもらえれば嬉しいですね。」

従来の木造住宅といえば、柱や梁が多く、大空間・大開口を生み出しにくいイメージがあります。そこは門型フレームを採用することで解消し、開放感のあるレイアウト自在の空間を実現しました。また、本来は仕上げの際に覆ってしまう梁や下地材を、隠さずそのまま家のデザインに。「ありのままの姿で美しいということをアピールしたくて。天井高が確保できますし、コストダウンにも繋がります。普段は見ることができない構造部分が一目瞭然ですから、家がどういうつくりになっているのかわからないお客様に、本物で説明できるというメリットも(笑)。みなさん安心されるようですね。もちろん、剥き出しを嫌う方にはきちんと仕上げてお渡ししますよ」。ムダなコストは上手に省いて、しかもカッコ良く。化粧をしないすっぴんの美しさが、この住まいに宿っています。
デートや散歩などで人が多く集まる場所だからこそ「見られる」ことを前提に建てたそう。抑えた色づかいが、強い存在感を持つ外観を風景に溶け込ませている。
2階のショールームへは、2つの玄関を通って。

寝室やバスルームのあるプライベート空間と中2階のキッチン&リビング、そしてロフトを繋ぐスキップフロア。
写真左/バスルームはガラス扉にすることで、限られたパウダールームのスペースを広く見せて。

写真右/設計を担当したエル・ケー・デザインオフィスと三峰のスタッフ。
ライフスタイルの本音トークを
「個性的ではありますが、奇抜なわけではありません。つくり自体はとてもシンプルなんですよ」と語るのは、設計を担当したエル・ケー・デザインオフィスの一級建築士、聶(しょう)さん。「建ててから何十年も暮らしていく場所です。今現在の流行や好みに振り回されてもしょうがないでしょう。普遍的なカタチをつくっておけば、内装次第でいくらでも表情は変わるものですよ。」

そして何よりも大切なのは、そこに住む人自身がどんな暮らしを望んでいるのかだといいます。「ライフスタイルの本音トークがしたいですね。打合わせは、構造や素材の話よりも、どういう生活をしているのか、趣味は何かを聞くことから始まります。たとえばサーフィンが好きで湘南に住みたいという人がいる。それなら、玄関にシャワーをつけたりバスルームへの動線を良くしたり。そこで初めて、お客様オリジナルの家ができるんです」。そういえば、繆社長もよく湘南の海へ遊びに行くのだとか。豊かで満ちたりた暮らしが住まいから始まるのであれば、その住まいづくりは自分のライフスタイルを理解してくれる会社で。良い家を建てるための絶対条件を、三峰は持っているようです。