定番のスタイルにはとらわれない自由な発想が、家づくりをもっと楽しくする

湘南隠れが不動産とは 湘南の隠れ家を見つけるまで お問い合わせ 売却・貸出のご案内 湘南とは 湘南の不動産|物件掲載のご案内
隠れ家collect

茅ヶ崎・M氏邸


逗子・H氏邸


箱根・Y氏セカンドハウス


藤沢・O氏邸


逗子・H氏邸


片瀬・J氏邸


葉山・A氏邸


片瀬・U氏邸


茅ヶ崎・S氏邸


鵠沼・M氏邸


鎌倉・T氏邸


横須賀・U氏邸


鵠沼・T氏邸


富岡・A氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・A氏邸


藤沢・O氏邸


辻堂・U氏邸


大船・A氏邸


葉山・Y氏邸


鵠沼・T氏邸


逗子・H氏邸


藤沢・S氏邸


横浜・E氏邸


葉山・モデルハウス

茅ヶ崎・I氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


辻堂・I氏邸


鎌倉・M氏邸


藤沢・T氏邸


鎌倉・Y氏邸


藤沢・H氏邸


藤沢・S氏邸


藤沢・F氏邸


藤沢・O氏邸


M氏邸


鎌倉・O氏邸


逗子・T氏邸


逗子・K氏邸


鎌倉・M氏邸


鎌倉・H氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


藤沢・M氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・K氏邸


逗子・I氏邸


鎌倉・K氏邸


藤沢・M氏邸
 

藤沢・S氏邸
 

茅ヶ崎・O氏邸
 

茅ヶ崎・S氏邸
 

藤沢・D氏邸
 

鎌倉・J氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

平塚・I氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

葉山・N氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

鎌倉・F氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・O氏邸
 

二宮・M氏邸
 

横浜F氏邸
 

藤沢S氏邸
 

葉山・T氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

T氏邸
 

小田原・O氏邸
 

当麻・A氏邸
 

葉山・T氏邸
 

横浜・E氏邸
 

鎌倉・I氏邸
 

逗子・I氏邸
 

鎌倉・G氏邸
 

葉山・I氏邸
 

藤沢・K氏邸
 

平塚・K氏邸
 

鎌倉・M氏邸
 

辻堂・I氏邸
 

綾瀬・N氏邸
 

葉山・Y氏邸
 

横浜・O氏邸
 

逗子・邸宅&モデルハウス
 

鵠沼・A氏邸
 

葉山・ハーモツリー葉桜
 

横浜・コンセプトルーム104
 

大磯・O氏邸
 

鎌倉・H氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

藤沢・I氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

逗子・K氏邸
 

横浜・F氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・K氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

横浜・M氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・T氏邸
 

茅ヶ崎・T氏邸
 

横浜・ゲストハウスフランス山
 

鎌倉・M氏邸
 

藤沢・N氏邸
 

茅ヶ崎・I氏邸
  

藤沢・K氏邸
 

逗子・T氏邸
 

茅ヶ崎・R氏邸
 

田奈・T氏邸
 

大磯・S氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

藤沢・K氏邸
 
  
トップページへ戻る
鵠沼・N氏邸
 
湘南に長く、強く、暮らしやすく快適さが続く、生まれ変わったわが家
苦労から生まれた賜物

 Nさんの新居に訪れた人は、誰もがまず、その外観に目を奪われることでしょう。白やパステル系など、通常は明るい色が好まれる外壁のカラーリングに、Nさんが選んだのはブラック。そのモダンでシャープな佇まいは、住宅街の中でひときわ個性を放っています。大きくはりだしたウッドデッキと玄関アプローチの植栽が、男性的な外観をナチュラルな雰囲気にカジュアルダウン。どんな人が住んでいるんだろう…と、見た人の想像力を喚起する力を持っています。

 「黒の外壁というのは、最初から決めていました。外観でもうひとつこだわったのは、窓です。外から見た時に、形や大きさの異なる窓がちょこちょこと組み合わさっているようなのが嫌で、整然と並んで見えるようデザインしてもらいました。部屋の中から外を見た時も気持ちいいんですよ。昼なら緑が、夜なら月や星空が窓枠に切り取られて、絵が並んでいるように見えるんです」。

  2階は、ほぼ全面がリビング・ダイニングとキッチン。天井が高く、上には大収納を誇るロフトが設けられています。レッドシダーを用いた広々としたバルコニーは、やんちゃ盛りのお嬢様の気持ち良い遊び場。シンプルながら、遊び心に満ちあふれた空間が広がっています。

1、外壁材はモルタルとガルバリウムを使用。黒一色に塗装された印象的な外観。

2、業務用のシンクやガス台を取り付けたキッチンは奥様のお気に入りの場所。ビビッドな色の調理用具がステンレスに美しく反射する。
3、 2階のバルコニーにて、三輪車で遊ぶお嬢様。自転車に乗れるようになるのももうすぐ?
3、 半アウドドアスペースである自転車置場。
4、 カラフルな遊具でいっぱいのお嬢様の遊び部屋。
5、 Nさんご家族と、家づくりを担当した神奈川地所の大浦さん(左)。
強く、暖かく、暮らしやすく

 ご夫妻の趣味は、自転車のダウンヒル。休日は車にマシンを乗せ、親子3人で長野までレースを楽しみに行くこともあるそうです。お持ちの自転車は4台。以前の家では、その置き場所に頭を悩ませていたのだとか。

 「家を建てるにあたって、自転車の部屋をつくるのは最優先事項でした。家の中からも外の駐車スペースからも出入りできるようになっています。ただ並べておくのでは味気ないので、きちんとディスプレイして。気に入ってますよ、用事がなくても1日に1度は覗きにいってしまうほど(笑)」とご主人。

 では、奥様のお気に入りのスペースはというと、キッチンだそう。レストランの厨房のような、飾り気のないステンレスのシンクに武骨なガステーブル。業務用を中古で購入されたという本格的なもので、決してカタチだけのつくりではありません。画一的なシステムキッチンに見慣れた目には、とても新鮮に映ります。

 「東京のカフェで見かけて『これだ!』って。別にシステムキッチンでも良かったんですが、業務用、しかも中古だったら安くてすむかなと思ったんです(笑)。レンジフードは、キッチンのテイストに合わせてステンレスで作ってもらいました。前例が無いようでいろいろとワガママを言いましたが、神奈川地所の大浦さんに、こちらの要望通りに調整していただいて助かりました」と奥様は語ります。作業台が汚れてもサっと拭くだけで手入れがカンタン。業務用だけに火力が強く、一度でたくさんの量を作ることができるのも自慢です。奥様のご両親とご夫妻、それにお嬢様の5人はいつも揃って食事をされるそうで、とても重宝しているのだそう。使い勝手の良さと住む人のセンスが見事に調和した、お手本にしたくなる住まいです。