鎌倉・T氏邸

湘南隠れが不動産とは 湘南の隠れ家を見つけるまで お問い合わせ 売却・貸出のご案内 湘南とは 湘南の不動産|物件掲載のご案内
隠れ家collect

茅ヶ崎・M氏邸


逗子・H氏邸


箱根・Y氏セカンドハウス


藤沢・O氏邸


逗子・H氏邸


片瀬・J氏邸


葉山・A氏邸


片瀬・U氏邸


茅ヶ崎・S氏邸


鵠沼・M氏邸


鎌倉・T氏邸


横須賀・U氏邸


鵠沼・T氏邸


富岡・A氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・A氏邸


藤沢・O氏邸


辻堂・U氏邸


大船・A氏邸


葉山・Y氏邸


鵠沼・T氏邸


逗子・H氏邸


藤沢・S氏邸


横浜・E氏邸


葉山・モデルハウス

茅ヶ崎・I氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


辻堂・I氏邸


鎌倉・M氏邸


藤沢・T氏邸


鎌倉・Y氏邸


藤沢・H氏邸


藤沢・S氏邸


藤沢・F氏邸


藤沢・O氏邸


M氏邸


鎌倉・O氏邸


逗子・T氏邸


逗子・K氏邸


鎌倉・M氏邸


鎌倉・H氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


藤沢・M氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・K氏邸


逗子・I氏邸


鎌倉・K氏邸


藤沢・M氏邸
 

藤沢・S氏邸
 

茅ヶ崎・O氏邸
 

茅ヶ崎・S氏邸
 

藤沢・D氏邸
 

鎌倉・J氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

平塚・I氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

葉山・N氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

鎌倉・F氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・O氏邸
 

二宮・M氏邸
 

横浜F氏邸
 

藤沢S氏邸
 

葉山・T氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

T氏邸
 

小田原・O氏邸
 

当麻・A氏邸
 

葉山・T氏邸
 

横浜・E氏邸
 

鎌倉・I氏邸
 

逗子・I氏邸
 

鎌倉・G氏邸
 

葉山・I氏邸
 

藤沢・K氏邸
 

平塚・K氏邸
 

鎌倉・M氏邸
 

辻堂・I氏邸
 

綾瀬・N氏邸
 

葉山・Y氏邸
 

横浜・O氏邸
 

逗子・邸宅&モデルハウス
 

鵠沼・A氏邸
 

葉山・ハーモツリー葉桜
 

横浜・コンセプトルーム104
 

大磯・O氏邸
 

鎌倉・H氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

藤沢・I氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

逗子・K氏邸
 

横浜・F氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・K氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

横浜・M氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・T氏邸
 

茅ヶ崎・T氏邸
 

横浜・ゲストハウスフランス山
 

鎌倉・M氏邸
 

藤沢・N氏邸
 

茅ヶ崎・I氏邸
  

藤沢・K氏邸
 

逗子・T氏邸
 

茅ヶ崎・R氏邸
 

田奈・T氏邸
 

大磯・S氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

藤沢・K氏邸
 
  
トップページへ戻る
鎌倉・T氏邸
 
湘南に長く、強く、暮らしやすく快適さが続く、生まれ変わったわが家
苦労から生まれた賜物

 県外に暮らすTさんご夫妻は、鎌倉に別荘を得てから6年になります。着物が好きで普段から着る機会が多いという奥様にとって、鎌倉は着物姿で散策を楽しめる町。いまではご主人も美しい町の佇まいにほれ込み、朝の散策時にはタバコの吸殻拾いを習慣としているそうです。古都を愛して止まないご夫妻が、いずれ鎌倉に住みたいとの思いを益々強めているのは、昨秋、別荘の隣地に新たに古民家を構えたからでした。
  「古家は両親の別荘だったもので秋谷に建っていました。子供の頃から家族と一緒に休みを過ごした家でした」と奥様。その家が取り壊されることになったとき、「古いものを何とか残したい」とご夫妻は心に決めたそうです。設計士さんを介して古民家再生なども手がける地元鎌倉の斉藤建設と出会い、古家の移築と一部改築を託しました。
「斉藤建設さんには急がないようにお願いしました。古い家ですから丁寧にゆっくりやってくださいと」永い時を重ねた家を労わるご主人。それに応えて斉藤建設は腕利きの職人を結集。「大工さんをはじめいい職人さんばかり。皆さんそれは張り切ってやってくれました」とご夫妻は声をそろえます。

1、小屋組みを現した空間に、素朴で野趣のある土壁がしっくりと落ち着く。囲炉裏風のテーブルを置いた板敷きからは一段上がって畳敷きに。部屋の雰囲気に合わせて畳を縁なしにし、床の間のある奥の座敷とさり気なく分けている。
2、 座敷に掲げられた、祖父から伝わる書。実はこの家が建ったのと同じ日露戦争後まもない1906年、東郷平八郎によって書かれたもの。ほかにも受け継がれた古き良きものが、家族の思い出とともに古民家の空間に納まった。
3、生垣や庭木に囲まれた、風情ある平屋。廊下の床下の石場建てを残して、目立たない内側にコンクリートの基礎を打っている。

4、機能的な新しい設備を入れつつ、浴槽は東京・根津にある桶屋さんの檜風呂に。目隠しのための突き出し板戸や、竹の建仁寺塀によって、窓からの眺めは坪庭風。
5、 「紅葉ケ谷」と呼ばれる周辺の谷戸名にちなんで、庭にはたくさんの紅葉を植えた。
6、 古ガラスのゆらぐ表情に、庭の緑がやさしく映りこむ。
強く、暖かく、暮らしやすく

 築百年を経た家は、和室の続き間の表側を廊下が巡り、襖や障子、ガラス戸を開け放せば風が抜けます。「夏を涼しく過ごせる古民家のつくり。これに倣って、裏廊下をつくったんですよ」と奥様。裏側にあった納戸と押入を、風の通る明るい裏廊下に改築して、そこに面した部屋を広げました。傷んだ天井板を取り払い、小屋組みを現した部屋は、品のいい古家に野趣を添える空間に。「この部屋の土壁もそうですが、ここはこうしましょうと、皆さんが率先して考えてくださって。職人さんの喜ぶ顔を見ることが、いつしか私たちの喜びになりました」。
小屋組みを見てわかるように、雪国の古民家のような骨太の材は使われていません。逆に目に写るのは、自然の材料の美しさを活かそうという当時の職人の心意気や技術。いまに伝わる職人仕事を目の当たりにして、設計士も職人も一流の腕を振るわずにはいられなかったのでしょう。できる限りもとの家のものは残され、新たに手を加えた部分も築百年の趣と馴染んで、谷戸の風情にしっとりと溶け込んでいました。