横浜・コンセプトルーム104

湘南隠れが不動産とは 湘南の隠れ家を見つけるまで お問い合わせ 売却・貸出のご案内 湘南とは 湘南の不動産|物件掲載のご案内
隠れ家collect

茅ヶ崎・M氏邸


逗子・H氏邸


箱根・Y氏セカンドハウス


藤沢・O氏邸


逗子・H氏邸


片瀬・J氏邸


葉山・A氏邸


片瀬・U氏邸


茅ヶ崎・S氏邸


鵠沼・M氏邸


鎌倉・T氏邸


横須賀・U氏邸


鵠沼・T氏邸


富岡・A氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・A氏邸


藤沢・O氏邸


辻堂・U氏邸


大船・A氏邸


葉山・Y氏邸


鵠沼・T氏邸


逗子・H氏邸


藤沢・S氏邸


横浜・E氏邸


葉山・モデルハウス

茅ヶ崎・I氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


辻堂・I氏邸


鎌倉・M氏邸


藤沢・T氏邸


鎌倉・Y氏邸


藤沢・H氏邸


藤沢・S氏邸


藤沢・F氏邸


藤沢・O氏邸


M氏邸


鎌倉・O氏邸


逗子・T氏邸


逗子・K氏邸


鎌倉・M氏邸


鎌倉・H氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


藤沢・M氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・K氏邸


逗子・I氏邸


鎌倉・K氏邸


藤沢・M氏邸
 

藤沢・S氏邸
 

茅ヶ崎・O氏邸
 

茅ヶ崎・S氏邸
 

藤沢・D氏邸
 

鎌倉・J氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

平塚・I氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

葉山・N氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

鎌倉・F氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・O氏邸
 

二宮・M氏邸
 

横浜F氏邸
 

藤沢S氏邸
 

葉山・T氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

T氏邸
 

小田原・O氏邸
 

当麻・A氏邸
 

葉山・T氏邸
 

横浜・E氏邸
 

鎌倉・I氏邸
 

逗子・I氏邸
 

鎌倉・G氏邸
 

葉山・I氏邸
 

藤沢・K氏邸
 

平塚・K氏邸
 

鎌倉・M氏邸
 

辻堂・I氏邸
 

綾瀬・N氏邸
 

葉山・Y氏邸
 

横浜・O氏邸
 

逗子・邸宅&モデルハウス
 

鵠沼・A氏邸
 

葉山・ハーモツリー葉桜
 

横浜・コンセプトルーム104
 

大磯・O氏邸
 

鎌倉・H氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

藤沢・I氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

逗子・K氏邸
 

横浜・F氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・K氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

横浜・M氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・T氏邸
 

茅ヶ崎・T氏邸
 

横浜・ゲストハウスフランス山
 

鎌倉・M氏邸
 

藤沢・N氏邸
 

茅ヶ崎・I氏邸
  

藤沢・K氏邸
 

逗子・T氏邸
 

茅ヶ崎・R氏邸
 

田奈・T氏邸
 

大磯・S氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

藤沢・K氏邸
 
  
トップページへ戻る
横浜・コンセプトルーム104
 
 

 カラフルなハンモックに黒板のドア、表情豊かなインテリアたち。ここ「コンセプトルーム104」は、ピーズ・サプライの遊び心がぎゅっと詰まった手作り感覚満載のショールームです。「これ、やってみたかったんだよね!というアイデアを持ち寄り、104の空間に集約させてみました。作業中は大人の遊び場と化していましたね」とは、代表の井上さんのお言葉。床材は足場板、壁は漆喰、天井はペンキ仕上げ。スタッフが、時間を見つけてはちょこちょこと手を入れていったといいます。
  ロングライフデザインをテーマにしたこの部屋は、「古いものに手を加えてカッコよく」が信条。60年代のアメリカンテイストをベースに、あたたかみのある家具や雑貨がセンス良く並びます。「新しいのに懐かしい、というのがめざすところでした。新築の家にないもの、それは時間を経たことによる味わいです。そのためには、古いものをどんどん取り入れるのがポイント」と井上さん。「アンティークというよりも、いわばリサイクルです。家づくりを通して、モノを生き返らせる楽しさを味わってもらえれば」。
  創業10年を迎え、これまで培ってきたノウハウをもとに、今後のコンセプトをカタチにしたピーズ・サプライ。「完成型はありません」というショールームは、訪れる度に新しいイメージをもって、見る人の心を刺激することでしょう。

1、「古いものを見ると血が騒ぐ(笑)」という、ピーズ・サプライ代表の井上徹さん。繊細かつ大胆な空間づくりは、男女問わずファンが多い。
2、マンションのメールボックスのような鍵付きの戸棚。書斎に置けば書類を仕分ける収納にぴったり。
3、イスも机も種類はバラバラ、でも違和感なく馴染んでいるのは、テイストが統一されているから。
4、井上さんがセレクトした家具や建具は販売もしている。リサイクルの妙技を味わって。
5、バスルームへと続くドアは、なんと黒板。イラストやメッセージを書けば、おしゃれなインテリアに早変わり。