逗子・I氏邸

湘南隠れが不動産とは 湘南の隠れ家を見つけるまで お問い合わせ 売却・貸出のご案内 湘南とは 湘南の不動産|物件掲載のご案内
隠れ家collect

茅ヶ崎・M氏邸


逗子・H氏邸


箱根・Y氏セカンドハウス


藤沢・O氏邸


逗子・H氏邸


片瀬・J氏邸


葉山・A氏邸


片瀬・U氏邸


茅ヶ崎・S氏邸


鵠沼・M氏邸


鎌倉・T氏邸


横須賀・U氏邸


鵠沼・T氏邸


富岡・A氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・A氏邸


藤沢・O氏邸


辻堂・U氏邸


大船・A氏邸


葉山・Y氏邸


鵠沼・T氏邸


逗子・H氏邸


藤沢・S氏邸


横浜・E氏邸


葉山・モデルハウス

茅ヶ崎・I氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


辻堂・I氏邸


鎌倉・M氏邸


藤沢・T氏邸


鎌倉・Y氏邸


藤沢・H氏邸


藤沢・S氏邸


藤沢・F氏邸


藤沢・O氏邸


M氏邸


鎌倉・O氏邸


逗子・T氏邸


逗子・K氏邸


鎌倉・M氏邸


鎌倉・H氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


藤沢・M氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・K氏邸


逗子・I氏邸


鎌倉・K氏邸


藤沢・M氏邸
 

藤沢・S氏邸
 

茅ヶ崎・O氏邸
 

茅ヶ崎・S氏邸
 

藤沢・D氏邸
 

鎌倉・J氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

平塚・I氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

葉山・N氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

鎌倉・F氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・O氏邸
 

二宮・M氏邸
 

横浜F氏邸
 

藤沢S氏邸
 

葉山・T氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

T氏邸
 

小田原・O氏邸
 

当麻・A氏邸
 

葉山・T氏邸
 

横浜・E氏邸
 

鎌倉・I氏邸
 

逗子・I氏邸
 

鎌倉・G氏邸
 

葉山・I氏邸
 

藤沢・K氏邸
 

平塚・K氏邸
 

鎌倉・M氏邸
 

辻堂・I氏邸
 

綾瀬・N氏邸
 

葉山・Y氏邸
 

横浜・O氏邸
 

逗子・邸宅&モデルハウス
 

鵠沼・A氏邸
 

葉山・ハーモツリー葉桜
 

横浜・コンセプトルーム104
 

大磯・O氏邸
 

鎌倉・H氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

藤沢・I氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

逗子・K氏邸
 

横浜・F氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・K氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

横浜・M氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・T氏邸
 

茅ヶ崎・T氏邸
 

横浜・ゲストハウスフランス山
 

鎌倉・M氏邸
 

藤沢・N氏邸
 

茅ヶ崎・I氏邸
  

藤沢・K氏邸
 

逗子・T氏邸
 

茅ヶ崎・R氏邸
 

田奈・T氏邸
 

大磯・S氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

藤沢・K氏邸
 
  
トップページへ戻る
逗子・I氏邸
 
湘南に長く、強く、暮らしやすく快適さが続く、生まれ変わったわが家
苦労から生まれた賜物

 玄関を開けると、メイプルや杉、檜といった木材のいいかおりが鼻をくすぐるI氏邸。室内のどこにいても暖かい陽の光で満ち溢れています。「とにかく寒いのが苦手で。逗子特有の湿気も解決できる、快適な家を望みました」。冬の一番寒い日に飛び込みでイソダのモデルルームへ行き、ソーラーサーキットの実力を確かめたIさん。イソダの丁寧な対応とプランの良さに心を動かされ、SCを採用した家づくりを決断。長年住み慣れた埼玉から逗子に永住を決めたご夫妻が「終の住処に」と建てた家は、光が溢れ、風がよく通る、快適な住まいとなりました。

1、吹き抜けにしたLDKには壁の上下に大小の窓をあしらい採光を確保。リビング上部にしつらえたロフトまでやわらかい光が射し込む。
2、明るく、見た目も爽やかなスケルトン階段。窓からこぼれる光がフットライトがわり。
3、玄関のニッチに置かれた船の模型。1級船舶免許をお持ちのIさんらしいあしらい。
4、「春は窓から見える披露山の山桜がなんとも綺麗でした」と奥様。

1、リビングとつづきの和室。琉球畳と壁のアクセントカラーが部屋をすっきりと、広く見せる。
2、1階の寝室。天窓効果抜群の、自然光あふれる部屋に。
3、陽あたりのとてもいいI氏邸。旗型の地形を生かした間取りや採光を取り入れる工夫はイソダならでは。
強く、暖かく、暮らしやすく

Iさんが特にこだわったのは、囲炉裏のある部屋をつくることでした。以前所有していた別荘にも囲炉裏があり、友人を招いては楽しいひと時を過ごしていたそうです。完成した囲炉裏部屋は壁に杉板を使い、檜の柱にも薄い杉板を張った、とても凝ったつくり。寂朱色(さびしゅいろ)の欄間壁や自在鉤(じざいかぎ)の上部にしつらえた格子組みの火棚には深いぬくもりが感じられ、どっしりとした囲炉裏がまちが見る人を温かい火の側へと誘います。台所を設置したのは、釣りを趣味とするご主人が、釣った魚をさばくため。「囲炉裏を囲んで釣り仲間や友人と、わいわい言いながら豪快に魚料理を食べるんですよ」と満面の笑みで話すご主人に、奥様も「ここにはいつでも誰かが集まって、毎日とても賑やかなの。とにかく逗子の人はフレンドリー。ちょっと話をしただけですぐにお友達になっちゃう。近くに住む孫やそのお友達も気軽に遊びに来てくれるから本当に賑やか!」と声を弾ませます。「釣りに家庭菜園、孫の世話と、楽しいことだらけで大忙しの毎日です(笑)」。

>> このページのTOPへ