湘南隠れが不動産とは 湘南の隠れ家を見つけるまで お問い合わせ 売却・貸出のご案内 湘南とは 湘南の不動産|物件掲載のご案内
隠れ家collect

茅ヶ崎・M氏邸


逗子・H氏邸


箱根・Y氏セカンドハウス


藤沢・O氏邸


逗子・H氏邸


片瀬・J氏邸


葉山・A氏邸


片瀬・U氏邸


茅ヶ崎・S氏邸


鵠沼・M氏邸


鎌倉・T氏邸


横須賀・U氏邸


鵠沼・T氏邸


富岡・A氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・A氏邸


藤沢・O氏邸


辻堂・U氏邸


大船・A氏邸


葉山・Y氏邸


鵠沼・T氏邸


逗子・H氏邸


藤沢・S氏邸


横浜・E氏邸


葉山・モデルハウス

茅ヶ崎・I氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


辻堂・I氏邸


鎌倉・M氏邸


藤沢・T氏邸


鎌倉・Y氏邸


藤沢・H氏邸


藤沢・S氏邸


藤沢・F氏邸


藤沢・O氏邸


M氏邸


鎌倉・O氏邸


逗子・T氏邸


逗子・K氏邸


鎌倉・M氏邸


鎌倉・H氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


藤沢・M氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・K氏邸


逗子・I氏邸


鎌倉・K氏邸


藤沢・M氏邸
 

藤沢・S氏邸
 

茅ヶ崎・O氏邸
 

茅ヶ崎・S氏邸
 

藤沢・D氏邸
 

鎌倉・J氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

平塚・I氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

葉山・N氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

鎌倉・F氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・O氏邸
 

二宮・M氏邸
 

横浜F氏邸
 

藤沢S氏邸
 

葉山・T氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

T氏邸
 

小田原・O氏邸
 

当麻・A氏邸
 

葉山・T氏邸
 

横浜・E氏邸
 

鎌倉・I氏邸
 

逗子・I氏邸
 

鎌倉・G氏邸
 

葉山・I氏邸
 

藤沢・K氏邸
 

平塚・K氏邸
 

鎌倉・M氏邸
 

辻堂・I氏邸
 

綾瀬・N氏邸
 

葉山・Y氏邸
 

横浜・O氏邸
 

逗子・邸宅&モデルハウス
 

鵠沼・A氏邸
 

葉山・ハーモツリー葉桜
 

横浜・コンセプトルーム104
 

大磯・O氏邸
 

鎌倉・H氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

藤沢・I氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

逗子・K氏邸
 

横浜・F氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・K氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

横浜・M氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・T氏邸
 

茅ヶ崎・T氏邸
 

横浜・ゲストハウスフランス山
 

鎌倉・M氏邸
 

藤沢・N氏邸
 

茅ヶ崎・I氏邸
  

藤沢・K氏邸
 

逗子・T氏邸
 

茅ヶ崎・R氏邸
 

田奈・T氏邸
 

大磯・S氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

藤沢・K氏邸
 
  
トップページへ戻る
S氏邸
 

 
井手しのぶ Shinobu Ide

住宅建設やリフォーム、家具販売などを手がけるパパスホームの代表であり、逗子にある子供服ショップ「PAPAS HOME Mignon」のオーナー。誰にも真似できない独自のセンスと気さくな人柄にファンが多い。

湘南に長く、強く、暮らしやすく快適さが続く、生まれ変わったわが家

家づくりを大手ハウスビルダーに頼もうと考えていたSさんご夫妻が、私たちパパスホームへ来られたのは、「決められたプランの中から選ぶのではなく、もっと好きにつくりたい」と思ってのことだったといいます。めざしたのはイタリアのサントリーニ島にあるような白い家。おふたりのイメージに合わせて壁は珪藻土やホタテ、床は無垢のバーチ材を使用し、光や風の通り道をつくって開放感の高い住まいに仕上げました。味わいのある空間は、使い込んでいくことでさらに深みを増します。家族の歴史を刻んでほしいですね。

1、Sさんご家族とリビングで寛ぐ井手さん(左)。子ども好きの井手さんは、ふたりのお子さまとも仲良し。 女性ならではの視点から、子育てしやすい環境を整える。
2、きれいに整頓されたキッチン。ナチュラルな雰囲気で、料理づくりが楽しくなる。
3、天井の高いリビング。キッチン、ダイニングとはあえて分離し、 寛ぎ感を高めている。造りつけのオーディオ棚は、 壁と同じ珪藻土を塗装してナチュラルになじませた。
4、奥さまご希望のアイランドキッチンとダイニング。キッチンに立つと
ダイニング越しにウッドデッキ、そしてリビングまで見渡せる。 明るく、風通しがよく、盛夏でもクーラーいらずだそう。
5、リビングとダイニングキッチンにはさまれたウッドデッキは、S氏邸の中庭。 子どもたちが思いっきり遊べる空間になった。

     
1、S氏邸に玄関ホールはなく、ドアを開けるとすぐにリビング。 「無駄な空間はいらない」とご主人。視界の広がりが気持ちいい。
2、玄関から連なった、リビングとダイニングキッチンを繋ぐ廊下。 アラビア風の壁のあしらいは、パパスホームの施工例を見てSさんが ひと目惚れしたものだそう。
3、フォルムがかわいらしいS氏邸外観。「食べて、寝て…といった “住む”場所ではなく、みんなで楽しく“暮らす”場所になりました。 数年後、数十年後もここで暮らしていることが想像できる、 家族の故郷です」とSさん。
4、キッチン部分の床はタイル貼りに。奥に大容量のパントリーを設けて、収納はスッキリと。
5、玄関アプローチのタイルと繊細なアイアンの門扉が、シンプルな外観を引き立てる。 エクステリアも、パパスホームの得意とするところ。