湘南隠れが不動産とは 湘南の隠れ家を見つけるまで お問い合わせ 売却・貸出のご案内 湘南とは 湘南の不動産|物件掲載のご案内
隠れ家collect

茅ヶ崎・M氏邸


逗子・H氏邸


箱根・Y氏セカンドハウス


藤沢・O氏邸


逗子・H氏邸


片瀬・J氏邸


葉山・A氏邸


片瀬・U氏邸


茅ヶ崎・S氏邸


鵠沼・M氏邸


鎌倉・T氏邸


横須賀・U氏邸


鵠沼・T氏邸


富岡・A氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・A氏邸


藤沢・O氏邸


辻堂・U氏邸


大船・A氏邸


葉山・Y氏邸


鵠沼・T氏邸


逗子・H氏邸


藤沢・S氏邸


横浜・E氏邸


葉山・モデルハウス

茅ヶ崎・I氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


辻堂・I氏邸


鎌倉・M氏邸


藤沢・T氏邸


鎌倉・Y氏邸


藤沢・H氏邸


藤沢・S氏邸


藤沢・F氏邸


藤沢・O氏邸


M氏邸


鎌倉・O氏邸


逗子・T氏邸


逗子・K氏邸


鎌倉・M氏邸


鎌倉・H氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


藤沢・M氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・K氏邸


逗子・I氏邸


鎌倉・K氏邸


藤沢・M氏邸
 

藤沢・S氏邸
 

茅ヶ崎・O氏邸
 

茅ヶ崎・S氏邸
 

藤沢・D氏邸
 

鎌倉・J氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

平塚・I氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

葉山・N氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

鎌倉・F氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・O氏邸
 

二宮・M氏邸
 

横浜F氏邸
 

藤沢S氏邸
 

葉山・T氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

T氏邸
 

小田原・O氏邸
 

当麻・A氏邸
 

葉山・T氏邸
 

横浜・E氏邸
 

鎌倉・I氏邸
 

逗子・I氏邸
 

鎌倉・G氏邸
 

葉山・I氏邸
 

藤沢・K氏邸
 

平塚・K氏邸
 

鎌倉・M氏邸
 

辻堂・I氏邸
 

綾瀬・N氏邸
 

葉山・Y氏邸
 

横浜・O氏邸
 

逗子・邸宅&モデルハウス
 

鵠沼・A氏邸
 

葉山・ハーモツリー葉桜
 

横浜・コンセプトルーム104
 

大磯・O氏邸
 

鎌倉・H氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

藤沢・I氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

逗子・K氏邸
 

横浜・F氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・K氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

横浜・M氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・T氏邸
 

茅ヶ崎・T氏邸
 

横浜・ゲストハウスフランス山
 

鎌倉・M氏邸
 

藤沢・N氏邸
 

茅ヶ崎・I氏邸
  

藤沢・K氏邸
 

逗子・T氏邸
 

茅ヶ崎・R氏邸
 

田奈・T氏邸
 

大磯・S氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

藤沢・K氏邸
 
  
トップページへ戻る
藤沢・H氏邸
 
湘南に長く、強く、暮らしやすく快適さが続く、生まれ変わったわが家

 空を仰ぎ、ゆったりと構えるH氏邸。2枚並んだ玄関扉は、ふたつの家族が隣り合う住まいだと、訪れる人にそっとサインを送ります。もともとここにはHさんの、お父さまの家が建っていました。Hさん家族の家とは徒歩数分の距離でしたが、陽当たりが悪く、寒い家での一人暮らしを憂慮して、近くで見守れるよう二世帯住宅を決めたそうです。「家を建てるなら、ソーラーサーキットの家と決めていました。なにより寒さを解消したかったし、プラス、オール電化なら、高齢の父にも安全ですしね」。リビングの陽だまりを眺めながら、笑顔を浮かべるHさん。たしかにH氏邸は、どの場所にいても温度差がなく、ほんわりとした暖かい空気に包まれています。
  Hさんとイソダを結びつけたものはSC住宅というキーワード。同社のショールームを訪れたところからHさんの家づくりは始まりました。「家族全員で出した希望はすべてプランに反映されていましたし、着工後も現場の大工さんに新しい要望をお願いすると、その場で変更してくださいました。イソダさんのうわさはよく耳にしていたけど、本当に安心してお任せできましたね」。

1、造りつけの大きなキャビネット。扉を閉めてもやわらかい光がキッチンにあふれる。
2、ダイニングの上部は吹き抜け。やわらかく注ぐ光が、天井の彫りを強調し、LDKに多彩な表情をつける。LDKとひと続きになる洋室は上吊り引き戸にし、溝をなくすことで、足元の安全を確保。
3、存在を高める大きな片流れの屋根が目を引くH氏邸。落ち着きのあるツートンカラーは外観にメリハリがつき、シンプルでモダンな雰囲気が漂う。
4、子世帯のエクステリアには花台をしつらえ、親世帯と左右対称のデザインに変化をつけた。
5、フローリングや窓枠を明るいトーンにして、ナチュラルテイストに仕上げた親世帯のリビング。明るさと伸びやかさのある吹き抜けが気持ちいい。

1、かなりの容量を誇る、階段を中心につくられたロフト。ここにも温度差は感じられず、澄んだ空気で満たされている。
2、フローリングや窓枠を明るいトーンにして、ナチュラルテイストに仕上げた親世帯のリビング。明るさと伸びやかさのある吹き抜けが気持ちいい。
3、4、樫の無垢材を使用した透明感のある床は、Hさんのお気に入り。窓枠やドアにも無垢材を使い、木のぬくもりがあふれる住まいに。
5、白×グレーのモノトーンでまとめたパウダールーム。スクエアボウルと同型の鏡が、センス良く納まっている。

 1階は完全分離、2階の共有スペースから行き来をするよう考えられた住まいは、お互いのプライバシーを大切にした、家族全員が大満足する出来栄え。廊下やパウダールーム、浴室はゆとりを持たせ、吊引き戸を採用するなど、二世帯ともバリアフリーに気を配りました。またLDKと寝室がひと続きになるお父さまの住まいは、リビングの壁に6つの窓を設けたことで、明るく開放的な空間に仕上がっています。「入居して間もないのですが、家族全員すんなりと馴染んでしまって、住み慣れた家のようにくつろいでます。逆に、残りの荷物を引き取りに以前の家へ行くと、なんだかよそよそしさを感じてしまって。人間の体って正直ですね(笑)」。