湘南隠れが不動産とは 湘南の隠れ家を見つけるまで お問い合わせ 売却・貸出のご案内 湘南とは 湘南の不動産|物件掲載のご案内
隠れ家collect

茅ヶ崎・M氏邸


逗子・H氏邸


箱根・Y氏セカンドハウス


藤沢・O氏邸


逗子・H氏邸


片瀬・J氏邸


葉山・A氏邸


片瀬・U氏邸


茅ヶ崎・S氏邸


鵠沼・M氏邸


鎌倉・T氏邸


横須賀・U氏邸


鵠沼・T氏邸


富岡・A氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・A氏邸


藤沢・O氏邸


辻堂・U氏邸


大船・A氏邸


葉山・Y氏邸


鵠沼・T氏邸


逗子・H氏邸


藤沢・S氏邸


横浜・E氏邸


葉山・モデルハウス

茅ヶ崎・I氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


辻堂・I氏邸


鎌倉・M氏邸


藤沢・T氏邸


鎌倉・Y氏邸


藤沢・H氏邸


藤沢・S氏邸


藤沢・F氏邸


藤沢・O氏邸


M氏邸


鎌倉・O氏邸


逗子・T氏邸


逗子・K氏邸


鎌倉・M氏邸


鎌倉・H氏邸


茅ヶ崎・K氏邸


藤沢・M氏邸


鎌倉・A氏邸


鎌倉・K氏邸


逗子・I氏邸


鎌倉・K氏邸


藤沢・M氏邸
 

藤沢・S氏邸
 

茅ヶ崎・O氏邸
 

茅ヶ崎・S氏邸
 

藤沢・D氏邸
 

鎌倉・J氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

平塚・I氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

鎌倉・N氏邸
 

葉山・N氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

鎌倉・F氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・O氏邸
 

二宮・M氏邸
 

横浜F氏邸
 

藤沢S氏邸
 

葉山・T氏邸
 

藤沢・H氏邸
 

T氏邸
 

小田原・O氏邸
 

当麻・A氏邸
 

葉山・T氏邸
 

横浜・E氏邸
 

鎌倉・I氏邸
 

逗子・I氏邸
 

鎌倉・G氏邸
 

葉山・I氏邸
 

藤沢・K氏邸
 

平塚・K氏邸
 

鎌倉・M氏邸
 

辻堂・I氏邸
 

綾瀬・N氏邸
 

葉山・Y氏邸
 

横浜・O氏邸
 

逗子・邸宅&モデルハウス
 

鵠沼・A氏邸
 

葉山・ハーモツリー葉桜
 

横浜・コンセプトルーム104
 

大磯・O氏邸
 

鎌倉・H氏邸
 

藤沢・T氏邸
 

藤沢・I氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

逗子・K氏邸
 

横浜・F氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

鵠沼・K氏邸
 

鵠沼・H氏邸
 

横浜・M氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・N氏邸
 

鵠沼・T氏邸
 

茅ヶ崎・T氏邸
 

横浜・ゲストハウスフランス山
 

鎌倉・M氏邸
 

藤沢・N氏邸
 

茅ヶ崎・I氏邸
  

藤沢・K氏邸
 

逗子・T氏邸
 

茅ヶ崎・R氏邸
 

田奈・T氏邸
 

大磯・S氏邸
 

藤沢・Y氏邸
 

鎌倉・S氏邸
 

藤沢・K氏邸
 
  
トップページへ戻る
大船・A氏邸
A氏邸data
家族構成/ご夫妻+ 子ども1 人
工法・構造/木造枠組壁工法(2×4)
敷地面積/ 188.60 m2
延床面積/ 203.96 m2
1階82.56m2 2階66.96 m2
3 階54.44m2
編集部より
時を経るほどに味わいを増し、住む人が永く慈しむことのできる住まいを届けるパパスホーム。独自のデザインと絶妙な素材使いで、湘南の太陽と風が似合うオリジナルな家を提案します。
家族と一緒に年を重ね、味わい深くなっていく

照明のひとつ、建具のひとつをとってみても、こだわりがいっぱいのA氏邸。住まいを見渡せば、ご夫妻が家づくりを思う存分楽しまれたことが伝わってきます。そもそも、この地にはご主人のご実家が建っていました。築45年の昔ながらの日本家屋を、どこか外国の香りがする開放的な二世帯住宅に建替えたのはパパスホーム。「オフィスを見て、ひと目で気に入りました。雑誌などを見せつつこちらの希望を伝えたら、イメージ通りのものを提案してくれる。細かいディテールまで注文をつけたのですが、面倒臭がるどころか逆に張り切って対応してくれて。一緒に家をつくっているという充実感がありました」。 
 2階の子世帯は、ほぼワンフロアをゆったりLDKが占めています。パイン材の床、珪藻土の壁。自然素材で彩られた空間は、「時間が経てば経つほど美しくなる家」をめざす同社ならではの味わいが漂っています。「床はだんだん色が濃くなってきて、新築の時よりもいい雰囲気。傷や汚れが付いても気になりません」。
 住みはじめてちょうど2年。同じ年のお嬢さまと一緒に時を重ねながら、住まいに家族の歴史が刻まれていきます。

1、リビングとひと続きのダイニングキッチン。テラコッタのタイルを敷き、床を一段高くした。特注の大きなダイニングテーブルは友人を招いた時に大活躍。アメリカ発祥の"ビアポン"というゲームに興じることも!
2、玄関には、パパスのオフィスで使われていたアンティークなドアを採用。優雅なアールの曲線が他にない住まいを演出し、訪れる人
の期待感を高める。
3、バスルームの壁に嵌めたブルーのタイルは、外国のホテルを参考にしてご主人が探し求めたこだわりの一品。
4、玄関アプローチに外付けシャワーを設置。サーフィン帰りに重宝しそう。

     

1、1階は親世帯、外階段を上って2・3階が子世帯。白一色の外観が、住宅街になじみながらもわが家の個性を主張している。茶色のシャッターの奥は、サーフボードやキャンプ道具を収納したミニガレージ。ご主人の趣味の空間としてこれから改装していく予定だそう。
2、階段と、吹抜けに面した3階の手すりにはアイアンを使用。1 枚ガラスの大きな高窓から入る光が、上下階を優しく照らす。
3、ご夫妻たっての希望でキッチンはアイランド風に。片面いっぱいに設けられた掃き出し窓の外は広々としたバルコニー。窓を開け放てばよりオープンな空間になる。夏はプールを出してお嬢さまの遊び場に。

>> このページのTOPへ