コラム 曜子の湘南移住Story

湘南隠れ家不動産運営&家づくり相談スタッフである戸根曜子が自身が実際に体験した移住ストーリーをご紹介します。湘南移住&家づくりを検討している方々に参考になればと思い記しました。是非ご覧ください。

vol.4 お金の話:マイホームを買うほうがお得な理由

今回はお金の話。湘南に移住する、注文住宅で自分の好きな家を建てる…とてもワクワクすることですが現実問題お金はかかります。お金についてもきちんと向き合ってみるのが実行動への第一歩。
お金がかかるばっかりのマイナスイメージのままより、実際のところを知ってみる方が一歩を踏み出す勇気が湧くかもしれません。

賃貸賃料とローン返済、月々コストはどちらが高い?

マイホームを購入するより賃貸に住むほうがお金がかからないと思っていませんか?
私もなんとなくのイメージでそう思ってしまっていました。
でも調べてみると、その時住んでいた賃貸料(鎌倉市長谷2LDKアパート:12万円/月)とローン返済額(鎌倉市戸建マイホーム購入)はほぼ同じ。
インターネットで「ローン返済シュミレーション」と検索すると、計算できるサイトはたくさんあるので一度、ざっくりのローン返済額を計算してみることをお勧めします。
月々のコストがほぼ同じならば、自分の自由にならない賃貸に住むよりも、広くて自分の好きなマイホームに住む方が断然お得です。
もし現状に少しでも余裕があるのであれば、あとプラス1,2万円/月のコストでマイホームに暮らせるようになるならその追加コストを払う価値はあると思いませんか?

賃貸賃料と、ローン返済金のゆくえ

マイホームは自分の持ち物、資産となります。そこが賃貸との大きな違い。賃貸はあくまで他人の所有物であり、賃料を支払っても支払っても自分の元には何も残りません。
一方マイホームの場合は、まず確実に土地は資産になります。それに加えて、建物もこだわってマイホームを建てるほど、そのこだわりが付加価値になるため市場での価値は上がります。
例えば、長期で海外駐在になった際は賃貸物件として貸す際や、将来子供が独立してもう少し小さな家に住み替えたくなって売るときも
高く売り貸しすることができます。
マイホームを、ただ住んで消費するだけのものではなく、運用する資産と捉えると、ローン返済のコストも印象が違いますね。

マイホーム購入は早い方がいい??

以上のことを考えると、なるべく賃貸にお金をかける期間は短くし、その分早く自分の資産(マイホーム)に投資した方がお得という考え方もあります。
ローン返済が早く終われば20年・30年後が楽になるのはもちろん、マイホームを資産として運用していくような老後の資金計画も立てやすくなります。
ただし、マイホーム購入は賃貸に比較し、頭金などで初期にある程度の金額が必要になるなどのデメリットもあります。
それらのデメリットも含め、税金や手数料等どんなお金がどのタイミングで必要なのか、きちんと説明してくれる不動産会社にパートナーになってもらうというのも大事なポイントです。
頭金がたくさん準備できなくても、どこまでローン借入が可能なのか、今は住宅ローン減税などお得な制度もあるので、それらの活用も含め、お金の話をクリアにすることで、マイホーム購入に向けて1歩も2歩も踏み出せるのではないでしょうか。


「湘南の街並みを保つために」私どもは年間200件以上、湘南の戸建て住宅を取材撮影していることから、住まいと人の関係を熟知しています。 湘南の風土に合った家作り、湘南の街並みを素敵に彩る建築会社など「味わい」の湘南住宅のコーディネートもいたします。 注文建築をお考えの方は、下記の「湘南の家づくり相談ココチエ」サイトをご覧ください。