隠れ家リノベ事例  「平屋リノベーション」で眺めと心地よさを手に入れた

POINT「眺め」「味わい」「日当り」を活かすことを前提に昭和43年築の平屋を購入し、長持ちできるようにして夫妻の終の棲家にしたい。そんな思いからリノベーションがはじまりました。自然素材に理解があって建物への造詣が深い地元の建築家に依頼した結果、屋根や外壁、外構、水回りなど大幅リニュアル。安心して暮らせるうえ、眺望と快適さを両立できる理想の空間ができました。良心的なリノベーション費用で建物との総額も満足いく結果となりました。

屋根外壁を塗り替え、耐久性を高めた。かつての風合いを損なわないように。柱は生木の皮を剥いで加工して設置。

玄関扉やステンドグラスは、施主と建築家とでこの家に合いそうなものを探して設置。落ち着いた雰囲気を醸しています。

ヒノキの無垢材を敷き詰め、窓も取り替えて緑と光がたくさん注ぐ。景観を取り込んだ。

楠の天板、棚を用いた造作キッチンとカップボード。職人さん達の手作りの作品。

ドアも無垢材で造作。他の家具と雰囲気をあわせたデザインにしました。

玄関にはシューズクロークを天井高まで造作。収納力がすごいです。

洗面もガラリを雰囲気を変えナチュラルな雰囲気に。

浴室は壁面に椹(さわら)を貼ることでほのかに木の香りが。あたかも森林浴をしているかのような心地よさ。

新たに駐車スペースに電動のゲートを設置。御影石を駐車スペースに敷き詰めましたがお施主さんとと建築家とで敷き詰めた。

リノベーション前

BEFORE 築50年の空間でした。

BEFORE キッチン